■O脚・X脚の矯正

矯正は体の特に強い筋肉にアプローチをかけていく事で進めてまいりますので痛くはありません。
矯正期間中は飲食の時間帯を少し調整して頂きますと、早く良くなりますのでお勧め致します。
やむをえない場合は少し多めにご来店ください

矯正の手順

矯正の効果は最初からわかり易く出ます。
●膝蓋靭帯をいためないように、靭帯の成長にあわせて矯正していきます
●個人差もありますが、4回~6回で見た目のバランスが整うと思います
●回数に差が出るのは人によって矯正の強さやスピードを加減している為です
●それでも初日の内に効果を実感して頂けますので、ご安心ください。

【アプローチをかける筋肉】
梨状筋、大殿筋、中殿筋、ニ頭筋、大腿四頭筋、大腿直筋、外側広筋
X脚、ひざ痛・・・・・・症状は違いますが原因は大変似通っています。

O脚矯正は元に戻ってしまうのか!? のご質問にお答えします

■O脚矯正は元に戻るのか!?

矯正の効果は最初からわかり易く出ます
膝蓋靭帯をいためないように、靭帯の成長にあわせて矯正していきます
個人差もありますが、4回~6回で見た目のバランスが整うと思います 回数に差が出るのは人によって矯正の強さやスピードを加減している為です
それでもその日の内に効果を実感して頂けますので、ご安心ください

【アプローチをかける筋肉】
梨状筋、大殿筋、中殿筋、ニ頭筋、大腿四頭筋、大腿直筋、外側広筋
X脚、ひざ痛・・・・症状は違いますが原因は大変似通っています

≪まず、臀部の筋肉をほぐしましょう≫

(1) 床に座って、ヒザを組み片方を抱え込む。
胸を張って、モモが胸につきますか?
●テレビを見ながら5分づつヒザを抱えていましょう。
●この時に、オシリに気持ちの良いぐらいのつっぱる感じがあればOK
●1週間毎日2セット・5分づつ朝夕続けてみたら、また(1)の方法で
チェックしてみましょう。

(2) モモが楽に胸につくようになりましたら、次のステップへ。
●左のヒザを正座のように折り、上体を後ろにのけぞらせ、太ももの
表面(大腿四頭筋)を外側から順番に少しずつ伸ばしましょう。
●そうすると、太もものツッパリ感が所々増してきます。
●その後、太ももの裏側(大腿二頭筋)をていねいにストレッチ。
●最後に関節周り(股関節、膝関節)のツッパリ感がなくなるまで
続けましょう。
●2週間も続けると、ヒザの間隔が最初より閉じています。

≪なかには太モモがピッタリとつく感じになった方も≫

   ここまでで、足の変化が止まった方は、
   今度はモモの正面をほぐしましょう。
(1) 正座をしたまま後ろに倒れてみてください。
(2) できない場合は、フトン・ベットなどの上でなら?
(3) これも大変な場合は、腕で体を支え、できるところまで。

●(1)から(3)のうち、どれか1つの姿勢は取れましたら、その姿勢の
ままゆっくりお腹から太ももにかけて、伸びていることをイメージ
したまま、伸ばします。
●このストレッチも、1週間毎日5分づつ2セット続けてみましょう。
●平行して、臀部の筋肉のストレッチも出来るとより良いです。

≪変化が止まって、諦めかけている方は、
   モモの外側面をほぐしましょう≫
たとえば≪金魚運動マシーン≫の動きです。
●これで筋肉等が原因のO脚は改善されます。

≪ここまできて、変化が出なくなった方は、
    モモの内側をほぐしましょう≫

★筋肉等が原因のO脚は、再発します。
★でも、御自身のO脚のスタイルを理解して、ほぐしておけば再発しません。それどころか、筋繊維の成長に合わせて、完全に変化することも稀ではありません。
★ストレッチは、筋肉がゆるむまでじわーっと
★1つ1つの筋繊維を伸ばす感じでリラックスしながら。
★O脚改善で、腰や膝などの痛みにも好影響が期待されます。

歯医者さんからコメントいただきました

メリーナ歯科医院 (院長)藤木昭治さん

一般歯科・口腔外科・小児歯科・矯正歯科・審美歯科・インプラント
千葉市稲毛区稲毛東3-19-32 めりーな稲毛店内
知人に紹介されたきらく館さんが顎関節症の矯正を行っているとお聞きし、当院でアゴが片方開きにくく噛み合わせの悪い患者さんにきらく館さんをご紹介しましたところ三回の矯正で顔の輪郭の変化が目に見えてわかるほどに改善しておりました。

顎関節症が首や肩の凝りからも影響を受ける事は私も知っておりましたが、これほど早く変化するとことに驚きました。
歯痛から肩がこるのと同じく、首や背中を筆頭に全身の筋肉が顎に負担をかける事もあるのだと改めて確認できました。
顎のずれや顔のゆがみでお悩みの際には是非一度訪ねて見られてはいかがでしょうか。